子供のドライアイ

子供のドライアイ

 

 

日本では、ドライアイの症状を訴えている方も非常に多いです。
このドライアイを発症している方は800万人以上だともいわれているのです。

 

さらにドライアイ予備群の方も含めると2000万人以上にもなるといわれています。
日本においてドライアイの患者さんが急増している理由ですが、パソコンやテレビといったモニターを見ている時間が増加したことが関係しているといわれています。

 

仕事や趣味の時間において目を酷使してしまっている方が多いのです。
生活環境がドライアイを発症する原因と深く関係しているのです。

 

また、近年では大人だけに限らず子供のドライアイの症状も増えてきています。
長時間、テレビゲームで遊んでいたり、パソコンを使用して勉強しているなどといった環境が非常に大きく関係しているといわれています。
パソコンによって勉強の方法なども変わってきたために、このようなドライアイの症状を引き起こす原因となっているのです。
ドライアイは、現代の日本であれば誰もが発症しやすいと考えて良いでしょう。

 

特に、仕事においてパソコンを使用している会社員の30%もの方がドライアイだとも言われています。
さらにコンタクトレンズを使用している方はドライアイを発症しやすいと考えられています。